贈答品の表書き

昔は、贈り物をするとき、品物に内容を明記した目録を添えました。
その目録を略して、包装紙に品名と数量を書いたものが表書きでした。
たとえば「御海苔 五帖」などと贈る内容を書き、その左下に贈る人の氏名を記すのが礼儀だったのです。
表書きは、かつての目録を省略したものなので、本来は贈る品物を書くべきですが、現在は「お中元」「お歳暮」などと書くか、表書きを印刷した紙を貼ってすませるようになっています。
慶弔のときは、祝儀袋・不祝儀袋に現金を入れて贈ることが多くなっていますが、その際に贈る側の意図が分かるような表書きをするのが一般的です。
いずれも品物の代わりに持参しましたという意味が込められています。

たとえば慶事のときは「御祝」「寿」「酒肴料」などと書きます。
謝礼を差し上げるときは「薄謝」「御礼」などと書きます。
ちなみに、目下の者に謝礼を差し出すときは「寸志」です。
弔事のときは相手が信仰する宗教によって異なります。
仏教では「御霊前」「御仏前」「御香典」「御香料」とし、神道では「御神前」「御神饌料」「御玉串料」、キリスト教では「御花料」などと表書きをします。
葬儀などで相手の宗教がわからないときは、御霊前としておくのが無難です。

なお、表書きを毛筆でする場合、慶事のときは墨を濃くして書き、弔事のときは墨を薄くして書くという習わしがあります。
とくに弔事に薄墨を使うのは、慶事や日常的な場合を濃く、力強く書くのに対して、逆に薄く書くことで、悲しみを示すためといいます。
このときは、表下記だけでなく会葬御礼の封筒や葉書の黒枠なども薄墨のものにします。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved