贈答品の包装

現在、贈答品を贈る場合、たいていデパートや商店などで求め、包装から何からお店で行ってくれることがほとんどです。
贈答品の包装のし方としては、慶事と弔事のときで使い分けるのが正式です。
まず、包み紙の数は、婚礼などの慶事のときは包み紙を2枚重ねて包みます。
弔事のときは不幸が重ならないようにと、包み紙は1枚にします。
包み方は、慶事のときは、品物を包み紙の上に置いて、左から折り、次に右を折って、左の上にかぶせて包みます。
弔事のときは、慶事とは逆の折り方で包みます。
弔事は、非日常的な出来事であり、それを示すため、通常とは逆の包み方をします。
これは、現金を包むときも同じで、慶事のときは2枚重ねて包み、弔事のときは1枚にします。



年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved