水引

水引は、丁重な贈り物をするときの包み紙にかけたり、結んだりする紙紐のことです。
水引は、神に進物を供えるときにかけた「しめ縄」の変化したものとされます。
水のりを引くという語源に由来します。
もともと水引は、和紙をこよりにして、これに米のりを引き、それを乾かして作っていたためです。

室町時代には、進物に白い紙をかけて、水引で結んでのしをつけるのが贈答の正式な儀礼になりました。
さらに、江戸時代には進物の目的によって水引の色や結び方などを変えるようになりました。

一般的に慶事のときは紅白、あるいは金銀や金紅二色などの水引を3本または5本にして使います。
弔事のときは黒白、あるいは藍白二色、白一色、銀一色などの水引を、2本または4本にして使います。
結び方も何度あってもうれしい祝事のときは、結び直しのできる両輪結びや蝶結びにします。
結婚や弔事などのときは、二度とないようにという意味で結び切りやあわび結びにします。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved