歳暮

歳暮も中元同様、年の暮れという時期を指す言葉ですが、やがて年末に贈答のことをいうようになりました。
もともと年の暮れになって年神様や祖先の霊に、米、餅、魚などを供える供物を家族で持ち寄ったことに始まります。
仕事などで帰省できない子供や親戚たちが、供物を贈るようになり、それとともに親の長寿も願ったのが、お歳暮という習慣に変わっていきました。
かつては、お歳暮は、主として塩鮭や塩ブリなどの魚が多く贈られました。
こうした魚を年取り肴といわれ、年越しの食膳には必ず出されたうえ、塩引きなどの処理によって長期の保存ができたことから重宝されたのです。
お歳暮を贈る時期は、12月上旬から25日ごろまでが一般的です。
この時期に贈ることができなかったときは、新年になってから表書きをお年賀と書いて贈ります。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved