のし

のしは水引と同様に丁重な贈り物をするときに、包装した品物の右上に貼りつけて、進物の印とするものです。
もともとのしは、「熨斗あわび」の略で「熨斗」とは「火熨斗」のことです。
火熨斗とは、炭化の熱で布地を伸ばしたりしたアイロンのことです。
かつては、アワビの肉を薄く切り、火熨斗で伸ばしたものだったのです。
進物にのしアワビを添えたのは、それが仏事や弔事などの不祝儀ではなく、祝儀用の生臭物であることの印だったのです。

アワビは古くから高貴な品とされていて、平安時代には祭祀のときにアワビを神饌(しんせん)として供えました。
鎌倉時代以降になると、貴族や武家の間で祝儀やお祝いの贈答品に生のアワビを添えるようになりました。
やがて、のしアワビで代用するようになり、その後海草をのしたものや黄色い紙片などを紅白の紙に包んで添えたりなど簡略化されていきました。
現在ではさらに簡略化されて、水引とのしの両方が印刷されていたりします。
ちなみに、生臭物の贈り物や不祝儀袋にはのしをつけないのが決まりです。

神饌・・・神への供え物のこと


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved