末期の水

人生の臨終を迎えて医師などから死の宣告を受けると、末期の水といって家族や兄弟姉妹など縁の深い近親者が順番に、脱脂綿やガーゼを水に浸して亡くなった人の唇につけてあげます。

もともと末期の水は、仏教では死に水といいます。
あの世では食事したり水を飲むことができなくなると考えられています。

そこで死に際して、水をとらせて冥土に送り出すという思いが込められています。
この世に残る者たちとの最後の別れの儀式でもあるのです。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved