戒名

枕飾りがすんで、納棺する前に戒名がつけられます。
戒名に対して、生前の名前は俗名です。
仏教では、入門して修行を重ねて、三帰戒(サンキカイ)という僧侶の階層に入れてもらえることを受戒といい、このときに与えられるのが僧名に当たる戒名です。
しかし、生前に三帰戒を受ける人はきわめてまれで、一般の人は、死去したときに特例として僧侶に与えられる戒名がつけられ、あの世に送られるのです。
この戒名は、生前の名前から一字を入れてつけますが、子供のときは「○○童子」「○○童女」、さらに幼い子供のときは「○○孩子」「○○孩女」という戒名がつけられます。
また、宗派によって戒名といわず、「法名」「法号」「法諱」などと呼びます。
戒名にはいくつかの格に分けられていて、昔は寺への寄進度や信仰心の厚さ、さらに生前の地位や身分などによって違いました。
現在でも、差し出す金額の多少によって格付けが異なることもあって、その扱いに対して一部、批判もあります。
この戒名の習慣は、広く仏教国のなかでも、日本にしかない独特のものです。
ちなみに、神式のときは生前の名前の次に、男性ならば「命」、女性だと「姫命」とつけます。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved