忌中と忌明け

死者が出た家族は一定期間、喪服を着て日常とは異なった生活をするのが習わしです。
喪に服するといいます。
一般的には服喪、つまり喪中は四十九日の喪明けまでで、服喪の期間中、とくに死亡して間もない七日間、初七日までを忌中といいます。
明治時代になると服忌令が出されて、父母が死亡したときの喪日は50日、服日は13ヶ月、夫が死亡したときの喪日は30日、服日は13ヶ月と服喪期間が定められました。
喪日とは喪中の期間のことです。
服日は喪服を着ている期間のことですが、現在服日はほとんど廃れています。

仏教では、死後四十九日間は、死者の霊がたどり着くところが決まってないので、残された者たちがねんごろに供養しなければならないとされていて、この間、死者の追善のために、僧侶を招いて読経・供養の法要をしていました。
四十九日までの間、七日目ごとに忌日がありますが、現在は地域によって違いますが、簡略化されてきています。
喪の期間中は、念仏を唱え、社交的な行事にも加わらず、魚なども口にせず、正月行事もすべて行わず、喪を服しました。
現在は、こうした習わしがほとんど失われて、翌年の正月を前にして年賀欠礼の通知を出す程度になっています。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved