年忌法要

死後、満1年を経た一周忌の祥月命日に、法要を営み、死者の冥福を祈ります。
周忌は回忌ともいいます。
1周忌の次は3回忌ですが、ここからは死去した年も年数に入れるので、3回忌は1周忌の翌年になります。
3回忌の次は7回忌で、13、17、23、27、33、37と奇数の3と7を重ねた年の年忌が続き、あとは50回忌、100回忌となります。

時代によっては1年だけで終わったり、3年だったりしましたが、鎌倉時代から室町時代ごろには33回忌に永代供養をし、あとの法要は打ち切ったといいます。
また、3回忌、7回忌、10回忌のいずれかの年忌のときに、墓石を建てる宗派もあります。

神道では、1年祭、5年祭、10年祭、20年祭、30年祭、40年祭、50年祭、100年祭と続きます。
神道では、年数を重ねるほど、死者の霊魂はだんだんケガレが薄まって、祖先霊に近づいていくという考え方があるようです。



年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved