北枕

死者が出たとき、通夜の前に、菩提寺などの僧侶を招いて読経してもらうことを枕経といいます。
これが最初の仏事です。
このとき、死者の枕元に仮の祭壇である枕飾りをしつらえます。
仏式の場合は、遺体を北枕にし、顔に白い布をかけ、屏風があるときは逆さ屏風といって上下逆さに立てます。

枕を北にするのは、釈迦の入滅に由来しているといいます。
釈迦が北を頭にして死去したことから北を向いて寝るのは死者を意味すると考えるようになったのです。
神式でも北枕にするので、仏式だけの習慣ではありません。
また、屏風を逆さに立てるのは、死装束を左前にするのと同様で、非日常な死の世界に行くことを象徴しています。

枕飾りの形式は宗派によって違います。
一般には遺体の枕元に白布でおおった小机を置き、その上に花かシキミの枝を差した一輪ざしと1本線香と1本ロウソクなどを添えます。
シキミは毒草で邪悪なものを退けるといわれており、死者を邪霊から守るために使われます。
さらに、故人が生前使っていた茶碗にご飯を山盛りにし、箸を突き立てて供えることもあります。
これを仏前飯、一膳飯などといって、極楽浄土に旅立つ前に、死者が腹ごしらえをするためのものです。
枕飾りは、通夜前の納棺時までそのまま飾っておくのが一般的です。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved