位牌

故人の戒名を記したものを位牌といいます。
遺族がお盆や彼岸、命日、あるいは朝晩の供養などの際に、死者の霊と対面するための仏具です。
葬式のときは、戒名を白木に墨書した簡単なものですが、四十九日の忌明け、一周忌や3周忌には、漆塗りや金箔塗りなどの位牌に替えるのが一般的です。
位牌は、自宅の仏壇に安置して毎日対面し、お盆になると盆棚に移して供養するもののほかに、菩提寺に預けておいて、お盆や彼岸になると遺族たちが寺を訪れて供養してもらう寺位牌と呼ばれるものもあります。

鎌倉時代に禅僧が中国から日本に伝えたもので、室町時代には武家社会で霊代として祀られました。
一般庶民に広がったのは江戸時代からといわれます。
地域によっては、本家に位牌を安置するほかに、分家した遺族たちのために位牌を作って供養する位牌分けも行われています。
ちなみに神式の場合、位牌に当たるのが、故人の名前と生年月日を記した白木で、御霊代と呼ばれます。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved