鬼門

もともと鬼門は、中国から伝わったもので、北東の土朔という山に大きな桃の木があって、そこに万鬼が集まることから鬼門を呼ぶようになったのです。
それが日本に伝わると、平安時代中期ごろから方位の吉凶を占ったり、邪気を祓ったりする陰陽道によって、鬼門は、鬼が行き来するといわれる「北東の隅」を指して、方角禁忌の考えが加わりました。
そのため、不吉なことが起きるということで北東の方角を避けるようになったのです。

また、鬼門にあたる北東の方角を表鬼門と呼び、反対の南西の方角を裏鬼門と呼んで、家などを建てるときにも、表鬼門・裏鬼門の方角に、玄関、便所、風呂場などを造ることを忌み嫌いました。
こうしたことから、鬼門除けという対策も講じられるようになり、鬼門に当たる方角の屋根に鬼瓦をつけたり、村では鬼門除けに鬼門堂を建てたりしました。
また、比叡山延暦寺は、平安京遷都のときに鬼門の凶害を避けるために建立され、江戸幕府も、江戸城の鬼門に当たる方角に東叡山寛永寺を建立したということです。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved