縁日

縁日とは、文字通り神や仏に縁のある日という意味です。
多くの神社やお寺には、それぞれ縁の深い特定の日がありました。
この特定の日が決まった背景には、たとえば8日と12日の薬師、18日の観音、24日の地蔵など数字によるものや、寅の日の毘沙門天、午の日の稲荷、庚申の日の帝釈天など、干支によるものがあります。
数字による縁日は、ほとんどが8日から24日までに集中していて、月の満ち欠けが影響していて、明るい月夜の日を選んでいるといわれます。
干支による縁日の場合には、関わりのある動物も信仰の対象となります。
この縁日に参詣すると功徳やご利益があるということで、江戸時代の中期ごろから多くの人が訪れて、賑わうようになりました。

一方、こうした参詣者たちを目当てに商人たちの市が立つようになります。
屋台や夜店、見世物小屋なども出て、庶民の信仰を集めるとともに、一種の娯楽・遊興センターとして、経済活動の中心地ともなりました。
門前市に進展していったものもあります。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved