絵馬

社寺などの境内で見かける、馬の絵と願い事を書いた小さな板が絵馬です。
日本では古くから、神様が馬に乗って人間の住む俗世界に降りてきたという伝説があります。

奈良時代の「続日本紀」には、神様に生きた馬を奉納しえ祈願したということが書かれています。
しかし、神様に生きた馬を奉納するのは、経済的負担が大き過ぎたことからやがて馬形といって、土や木で作った馬を奉納するようになりました。
さらに板に馬の絵を描いて奉納するようになったのが、今日の絵馬の起源といわれます。

室町時代になると馬以外も描かれるようになります。
さらに桃山時代になると著名な画家が描いた絵馬も現われ、それらの絵馬を掲げるための絵馬堂が建てられたこともありました。
江戸時代になると、家内安全や子宝・母乳を授けてほしいといった切実な願い、商売繁盛という実利的な願いなどから絵馬を求めるようになり、民衆の間に絵馬による祈願の風習が広まっていきました。
現在では、受験生が天満宮に出かけて、合格祈願の絵馬を奉納する習慣が盛んです。
天満宮は、学問の神様といわれる菅原道真を祀った神社です。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved