清めの塩

塩には、不浄やケガレを祓い、清める力があると考えていました。
神聖な場所などに供えたり、仏事のときは清めの塩として用いられてきました。
そもそも塩は人間が生きていくうえで欠かせないミネラルです。
昔の日本人にとって非常に貴重なものとして扱われてきました。
塩には、物が腐敗するのを防ぐ作用があり、塩に漬けることで長期保存が可能になることから、不思議な力があると考えられたのです。
ちなみに現在でも、家を建てるときの地鎮祭で土地を清めたり、大相撲で力士が土俵に塩をまいたり、お店の入り口に盛り塩をするなど、塩の神通力は変わってないようです。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved