招き猫

商売繁盛の置物として、招き猫が金運やお客を呼び込むと考えられています。
招き猫の由来には諸説があります。
一般には豪徳寺にまつわる逸話です。
ある日、彦根藩主の井伊直孝が鷹狩りの帰りに、寺の門前まで来たときのこと。
1匹の白猫現われ、右手を上げて、しきりに寺内に入るように招くので、直孝は誘われるように境内に馬を乗り入れた直後、激しい雷鳴とともに門前に落雷があったというのです。
災難を逃れることができた直孝は、その後、荒れ果てていたこの寺に莫大な寄進をして、さらに井伊家代々の菩提寺にしたといいます。
このとき、直孝を招きいれた猫の墓は、現在も豪徳寺の墓地の一角に猫観音として供養されているとのことです。
現在も、幸運を呼び込む招き猫伝説の元祖として門前ではいろいろな張り子の猫が売られています。

別の説では、浅草で駄菓子屋を営んでいた老婆が、あまりに流行らないので店を閉めようかと考えていたある夜のこと。
年老いた猫が夢に現われて、「こうした格好の置物を作ったら店は繁盛する」と告げ、夢とは思いながらも招き猫を作らせて店に置いたら、飛ぶように売れて大儲けをしたという伝説もあります。
そこから、商売繁盛の縁起物になったというのです。
中国の唐から猫が渡来した際、「猫面を洗って耳を過ぎれば即ち客到る」との言葉も一緒に伝来したとのことも、招き伝説のルーツがありそうです。
ちなみに一般的には、右手をあげている猫は、金運を、左手をあげている猫はお客を呼び込むといわれています。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved