大安・仏滅

冠婚葬祭など日取りを決めるときに、「結婚式は大安の日」「友引だから葬式を繰りあげよう」などとよく聞きますが、ここで使われる大安、友引などは、古代中国の「六曜」という暦の考え方にもとづいています。
三国志で有名な諸葛孔明が、戦いのときに吉凶の日を知るのに利用したことに端に発しているといわれます。
日本に伝わり、江戸時代半ばから急速に広まっていきました。
六曜のそれぞれの日には、次のような意味があります。

先勝・・・午前が良く、午後は悪い。
友引・・・正午のみが凶。
先負・・・午前が悪く、午後が良い。
仏滅・・・1日中最凶の日。
大安・・・1日中良い日、大安吉日という。
赤口・・・昼だけが吉、朝・夕は凶で災いに出会いやすい。

本来中国では、戦いや争いごとの吉凶の日を占うものでした。
日本では日常生活全般に用いられるようになって、なかでも友引は、もともと「争いごとで、共に引き分けて勝負なし」の意味ですが、文字から連想する「友を引く」との意味に取られるようになり、葬儀など弔事が避けられるようになりました。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved