厄年

厄年とは、災難や不幸に出会うことが多いとされる男女の年齢を指します。
厄年は、一般的には男子が25歳、42歳、61歳、女子が19歳、33歳、37歳です。
とくに男の42歳は「死に」、女子の33歳「散々」に通じるということで、一生のなかでも大厄とされます。
厄年の前年の前厄、厄年の後年のはね厄と合わせて、前後3年間続くとされます。
もともとは、平安時代の陰陽道の考えに基づいて広まったものですが、一般的に男女ともこの年齢になると、体調の点でも、社会的役割の点でも大きな変化が起こりやすいため、この信仰がいまだに影響を与えていると考えられます。

地域によって、干支に基づき、12年ごとにめぐってくる生まれ年の13歳、25歳、37歳、49歳、61歳、73歳、85歳、99歳を厄年としているところもあります。
源氏物語でも、紫上が37歳の厄年になったので身を慎むという記述があり、古くから厄年に対する意識は強かったようです。
厄年に当たる年齢になった男女は、厄から逃れるために、神仏に祈ったり、お払いをしてもらったり、外出を控えたり、善根を施すようにしたりしました。
現在でも、厄年に対する信仰は強く、神社や寺院などで、厄払いや厄除けの祈願をしている人も多いようです。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved