七福神

七福神とは、福徳をもたらすとして信仰されてきた恵比寿、大黒天、毘沙門天、弁才天、福禄寿、寿老人、布袋の七神をいいます。
日本で古くから伝わる恵比寿神に、中国から伝わった福禄寿、寿老人、布袋、インド発祥の大黒天、毘沙門天、弁才天の神様が加わって、室町時代ごろから七福神として、庶民の間で盛んに信仰されるようになりました。
各国で個別に信仰されていた神がまとめられるようになったのは、中国の「竹林の七賢」の故事にあやかっているといいます。
竹林の七賢とは、中国の晋の時代末期に、山陽の竹林に個性豊かな7人集まって、酒を飲み交わしながら、自由、放達な議論にふけったという有名な故事です。

恵比寿は、夷(異国人)に由来するといいます。
異国からの漂流物に水死体が流れつくと、漁師たちは寄り神、恵比寿様と呼び、大漁をもたらす神として祀ったりしました。
また、航海の無事を祈るとともに、商売繁盛の神様として信仰するようになりました。
農村でも、豊作をもたらす田の神として信仰されたり、かまどの神として、かまどや台所の近辺に祀られたりするなど、広く庶民の間で信仰を集めていました。

大黒天は、インドから伝わった神様ですが、日本の神話に出てくる大国主命と同一視されました。
大黒天が、大国主命と同じように大きな袋を背負い大国という名前もだいこくと読めることなどによります。
大黒天は、頭巾をかぶり、福袋を背負い、手に小槌を持って、米俵の上に座った姿で知られています。
大黒天は、田の神、穀物の神、商売繁盛の神として信仰され、恵比寿と同様にかまどや台所の近辺に祀られました。

弁才天もインドから伝わった神様です。
一般庶民には弁天さんで知られる女神です。
琵琶を奏でる伎楽のほか、多方面の技能を持つことから弁才天と呼ばれました。
江戸時代には、蓄財の神としても信仰されたので、弁財天とも書かれるようになりました。

他に、武装しているのが特徴の毘沙門天、頭が長く体が短いのが特徴の福禄寿、大きなお腹と手に持った布袋が特徴の布袋尊、杖に巻物をつけ鹿を連れているのが特徴の寿老人です。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved