ダルマ

ダルマは、倒れてもすぐに起き上がることから七転び八起きダルマとも呼ばれ、商売繁盛や隆運の縁起物として、神社やお寺の縁日などで売られます。
歳末から3月ごろまでは全国各地でダルマ市が開かれています。
ダルマは、室町時代に作られていた起き上がり玩具がルーツですが、江戸時代になってダルマとして登場してから、急速に売れるようになりました。
ダルマは、実在した達磨大師の座禅姿がモデルです。

現在売られているダルマは、両方の目が白いままのものがほとんどで、願を掛けるときに片方の目を黒くしておき、願いがかなったときに、もう一方の目を黒くしたりします。
昔、関東地方の養蚕農家などで春の繭が良ければダルマに片目を入れておき、秋の繭の良いと、もう一方の目も入れる習慣から始まったといわれます。
また、目を入れることは目(芽)が出るという、めでたい語呂あわせの意味もあったということです


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved