見合い

江戸時代ごろまでは、いまほど男女の交際が自由ではありませんでした。
婚姻の前段階として、見合いをしていました。
見合いの語源は、妻合わす(めあわす)からきているといわれます。
男性に妻となるべき女性を引き合わせるためのものです。
当時の見合いは、主に女性の家で行われ、その場で男性が意思表示をするのが習わしでした。

例えば、訪れた男性と仲人が席に着くと、当の女性が茶菓などを運んできます。
そして、女性を気に入ったときは、お茶を飲むか菓子を持ち帰るか、自分の扇子を置いて帰るかで、婚姻の意思にあることを伝えます。
逆に、婚姻の意思がないときは、お茶を飲まず菓子にも手を触れず、扇子も置かずに帰ることで意思のないことを知らせました。
現在でも見合いは行われていますが、男性の意思だけで決まるということは少なくなっています。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved