結納

最近の婚姻では、結納を省略するケースが増えているようですが、かつては家と家を結びつけるという意味で、結納の儀礼が非常に重視されました。
もともと結納とは、婚姻に先立って、婿方が女性の家に持参する縁起のよい酒肴、もしくはその儀礼そのものを指しました。

平安時代ごろの婿入り婚でも、婿方が初めて女性の家に入る際に酒肴を持参したといいます。
戦国時代から江戸時代にかけての武家社会では、嫁入り婚の形をとるようになり、結納は、婿方、嫁方の家の格式にふさわしい物品に変わっていきました。
具体的には、花嫁の衣装や帯などの身のまわり品一式を取り揃えて、仲人を介して贈られるようになったといいます。

一方、嫁方でも、贈られた結納の額とその家の格式に見合った花嫁道具をそろえて、あらかじめ婿方に届けるようにしていました。
さらに、時代を経て、結納は物品から金銭へと変化していきます。
いまでも結納の目録に「御帯料」「御袴料」など書かれているのは、かつて物品を贈っていたときの名残です。

結納は、両家の結びつきを確かめる儀礼的な贈答交換でした。
しかし、婚姻はある面で家の働き手が代わること、つまり嫁方の働き手が婿方に移ることに対する代償的な意味を含んでいたともいわれます。
また、婚姻が婿方の都合で破綻したときの、一種の保障的な意味も含んでいたということです。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved