神前結婚式

最近、教会や海外で結婚式を挙げる人が多いですが、現在でも神前結婚式を行う人も多いようです。
日本では、古くから神道が日常生活と密接に関わっていましたが、現在のような神前結婚式が行われるようになったのは、明治時代になってからです。
鎌倉時代ごろの武家の婚礼では、婿方の家に輿に乗った花嫁がくると、婿方の家族も参加して盃を交わし、親戚などに紹介するという簡単なものでした。
やがて、婚礼は儀式化しました。
室町時代には三三九度も加わるようになります。

現在の神前結婚式の形は、明治33年の皇太子(後の大正天皇)ご成婚の際の儀式を手本にして広まったといわれます。
また、婚礼の儀式を婿方の家以外の場所で行うようになるのもこの大正天皇ご成婚を契機としてからです。
以後、一般人も神社で神前結婚式を行うようになりました。
新郎と新婦は神前で三三九度を交わすようになりました。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved