婚姻

日本の婚姻は、時代によって、また身分によって、さまざまな形態に変化しながらきました。
民族学者の柳田国男によると、婚姻の形は大きく分けて、婿入り婚、足入れ婚、嫁入り婚という順で変わってきたということです。
婿入り婚は、源氏物語のなかでも書かれています。
男性が女性の家に通うというもので、通い婚や妻訪いともいわれていました。
そして、女性の方が公認すると婚姻成立の祝いなどが、女性の方で行われました。
戦国時代から江戸時代になると、男性の家に女性が嫁ぐ嫁入り婚の形がとられるようになりました。
そのころ、現在の結婚式の原型である婚礼、祝言が始まり、一般庶民にも広まっていきました。

婿入り婚と嫁入り婚の中間の形として、足入り婚というものがあります。
婚姻成立の祝いが婿方で行われた後、いったん嫁となった女性が婚家から自分の生家に戻って暮らします。
婿は嫁の生家を訪ねる形をとりながら、一定の時期を経て、嫁や子供たちが婿方に移り、一緒に暮らし始めます。
これが、足入れ婚というものでした。
いずれの場合も婚姻の祝いや儀式は婿か嫁のどちらかの家で行われるのが一般的でした。
現在のように家とは別の場所を借りて式を行うようになったのは、明治以降になってからです。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved