仲人

仲人を立てるのが一般的でしたが、最近は仲人を立てずに結婚式を行うケースが多くなってきています。
平安時代ごろ通い婚には、仲人者が登場していて、男女の取り持ち役を務めています。
この場合、たいてい身分の高い人が務めていました。

鎌倉時代の一時期、中媒(なかだち)と呼ばれる女性がいて、未婚の男性に嫁の仲立ちをして、金銭の報酬を受け取るようなこともあったといいます。

嫁入り婚の形をとるようになった江戸時代以降は、仲人が重視されるようになり、結婚のすべてを取り仕切りました。
仲人は、両家の経済状態・職業、社会的地位などの釣り合いを考えながら縁談話を進めるほか、婚礼に立ち会う保証人役も務めたので、橋渡しとも呼ばれました。
現在では、一般的に媒酌人を立てますが、この呼び名は挙式当日の仲人のことで、見合い結婚の場合はそれまでの経緯上、仲人が兼ねるのが普通でした。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved