三三九度

三三九度の盃とは、新郎・新婦がお神酒を飲み交わして結婚を誓い合う儀式です。
三杯ずつ三度、盃のやり取りをするので、「三献の儀」「三三九度献」とも呼ばれます。

三三九度は、大中小の三重ねの盃のうち、新郎が小盃(一の杯)を両手で取り、巫女にお神酒を三度に分けて注いでもらいます。
新郎は、それを一口目、二口目は口をつけるだけにし、三口目に飲み干します。
その後新婦も同様の手順で行います。
中盃(二の杯)は、逆に、新婦から小盃と同様の手順で行い、次に新郎が行います。
大盃(三の杯)は、新郎から小盃と同様の手順で行い、新婦の順で行います。

このように新郎・新婦が、三度、三度に分けて合計9回繰り返すので三三九度といいます。
何回も盃を重ねることで、固い縁を結ぶという意味が込められています。
ちなみに、三三九度という回数は、中国の影響を受けたものといわれます。
奇数である3は縁起のよい数字とされていました。
それを3回繰り返し、よりめでたい数字である9にすることで、最高のめでたさを表したのです。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved