棟上式

家の骨組みが出来上がって、柱や梁の上に棟木を上げる際に、棟上式(上棟式)を行います。
木造家屋では、棟木が屋根を支える重要な役割であることから、こうした儀式が生まれました。
足場のよい玄関や廊下などの部分に簡単な祭壇を作り、祭壇に野菜・酒などと洗い米・塩を盛った皿を用意します。
そして、幣串と呼ばれる魔除けの飾りを、縁起のよい方向(恵方)に向けて棟木の支柱に縛りつけ、屋根を葺くときまで飾っておきます。

棟上式は、建築が完成間近まで進んだことを神霊に報告して、感謝するための儀式です。
正式には、神主を招くのですが、最近では神主を招かず、大工の棟梁中心に、現場で作業したとび職や左官たちの手で行うことがほとんどです。
この式は現場で働いた職人たちの労いの意味も含みます。
式後は現場ににわかあつらえの机を作り、酒宴を催すのが一般的です。
施工主は祝儀を用意して酒宴に加わり、棟梁はじめ現場で作業した職人たちに祝儀を渡し、もてなし役になります。
また、棟上式では、集まった近所の人々に餅や金銭などをまいたりして、ともに祝ってもらうこともあります。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved