成人式

現在は、男女ともに20歳になると成人と認められます。
日本では、古くから男の子が大人の仲間入りする通過儀礼が行われています。
682年には儀式として制定されていました。
奈良時代以後は元服と呼ばれるようになりました。
元服の「元」は首、「服」は着用するという意味です。
宮廷や貴族たちの社会では、13歳くらいから15歳くらいになると、元服して髪型を変え、冠をかぶるようになり、きるものも成人の服装に変わったのです。

武家時代では、15歳くらいになると、男子は元服の儀式があって、童名(幼名)から大人の名前に変わり、烏帽子という冠を被ることになっていました。
元服の儀式では、父親や烏帽子親と呼ばれる人に被せてもらい、彼らから1字もらって改名しました。
烏帽子親は、長老や有力者などに頼むのが習わしでした。
江戸時代になり、烏帽子の習慣はなくなりましたが、庶民の間でも18、9歳で元服が行われるようになりました。
一方、女の子は、13歳くらいから初潮を迎えたり、生理的に大人の条件を備えてくるので、平安時代中期には髪型を変え、裳を着て、お歯黒をし、眉墨をかくことなどが許されるようになりました。
鎌倉時代以降は、成人女性と認められると。留袖を着るようになり、江戸時代には、裳を着て、お歯黒をし、眉墨をかくことは、結婚後になるなど時代によってかなり変化していきます。
いずれにしても。男は15歳くらい、女は13歳くらいから大人扱いされていたのです。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved