地鎮祭

日本では古くから、家を建てたり土木工事をする前に、必ず地鎮祭を行ってきました。
この儀式は、作業するに当たって、その土地のケガレを清め祓って、土地に宿る神霊を鎮めるためで、作業にとりかかる前のいわば安全祈願です。
日本には800万の神がいるといわれています。
その土地にも神が宿っていると考えられたのです。
現在でも、家や建造物を新築する際には、神主を呼んで地鎮祭を行うことが多いようです。
最先端の工場を建てるときでも地鎮祭を行っていることが多いようです。

もともと平安時代は、陰陽師と呼ばれる吉凶や災難などを占う呪術師が行っていました。
明治以降、陰陽師に代わって神主中心に行うようになり、現在に至っています。

地鎮祭は、建設予定地の一部四隅に青竹を立て、しめ縄と巡らせ、中央に砂を盛り、その前に祭壇を設けてお神酒・米・魚・野菜などを神霊に供えます。
神主が祝詞をあげ、参列者にお祓いをし、お神酒を盛り砂の上にかけ、続いて施工主が盛り土に鍬入れをします。
鍬入れは、神霊の守護のもとで地面を掘り起こすという意味があります。
最後に施工主や家族・建築関係者たちが神霊に玉串を供えて地鎮祭の儀式が終わります。
その後、祝宴となるのが通例です。

玉串・・・語源は手向串(てむけぐし)といいます。
     榊の枝に紙垂(しで)をつけ、神酒にささげるもので、神に誠心を誓う表明として神人合一のしるしとした。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved