十三参り

十三参りとは、13歳になった男女の通過儀礼として、旧暦の3月13日前後に、虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)を安置しているお寺に親子でお参りする行事です。
虚空蔵菩薩とは、虚空を蔵としているかのように、計りしれない知恵と福徳をもたらす菩薩です。
13番目に生まれた菩薩だったので、13歳になった子供を連れて、13日にお参りするようになりました。

江戸時代では、子供に知恵と福徳を授けてもらう目的で盛んに行われていました。
13歳という年齢は、干支では2順目に当たり、男の子にとっては元服前の「半元服の祝い」という意味もありました。
女の子は初潮の時期と重なる時期なので、13歳を成女とみなして、初めて本縫いの着物を着せてお参りをしました。
さらに、女性にとって13歳は初めての厄年に当たるので、その厄落としの意味もあったようです。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved