七五三

11月15日、3歳になった男女、5歳になった男子、7歳になった女子の成長を祝って、晴れ着を着せて氏神を祀っている神社に行き、お祓いを受ける行事が七五三です。
地域によって男女の年齢の区別をしないところもあります。
昔は、正月吉日か誕生日などに行われましたが、江戸時代になって徳川綱吉の子供である徳松君の祝いを11月15日に行ったことから、以後この日になったといいます。

武家社会では、3歳なる男女とも、おかっぱ頭から結髪をする髪置きの祝いをしました。
5歳になる男子は、初めて袴を着せて碁盤の上に立たせる「袴着の祝い」が行われました。
7歳になった女子は、それまで帯の代わりにつけていた紐から、はじめて帯を結ぶ「帯解」「帯直しの祝い」が行われました。
これが七五三の原型と考えられています。

また、かつては「7歳までは神のうち」といわれるほど、7歳までの死亡率が高かったことから7歳まで無事に生きてきた子供の成長を氏神に見せて感謝する意味もあったということです。
ちなみに、七五三に欠かせない千歳飴は、江戸の浅草寺境内で売られていたものが、全国に普及したものです。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved