雑煮

もともと雑煮は、年神様に供えた餅を神棚から下ろし、それを野菜や鶏肉、魚介などで煮込んで作った料理です。
雑煮餅ともいいました。

雑煮は正月用ではなく、室町時代頃の儀礼的な酒宴などで出されたのが始まりです。
最初に雑煮を食べて、胃を安定させてから酒宴に移るための前菜だったものが、やがて正月料理になったといわれます。

雑煮は、地域によってさまざまです。
主として、関西では白味噌仕立ての雑煮、関東ではしょうゆ仕立ての雑煮と分かれます。
中に入れる餅の形も関西は丸餅、関東は切り餅が一般的です。
関西で丸餅を使うのは、年神様に供える鏡餅をかたどっているためといわれています。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved