門松

正月になると、玄関前や門前に「門松」を立てている家が多くみられます。
門前に左右一対に並べるのが一般的で、玄関に向かって左側の門松を雄松(おまつ)、右側を雌松(めまつ)と呼びます。もともと新年を迎える際に、年神様が降りてくるときの目印として木を立てたのが始まりといわれています。
松が飾られるようになったのは、平安時代からで、それまでは杉なども用いられていたといいます。
松に限られるようになったのは、松は古くから神が宿ると考えられていたため、平安時代の末期には、農村でも正月に松を飾るようになったといわれています。
さらにまっすぐに節を伸ばす竹が、長寿を招く縁起のいいものとして添えられました。

現在のように、玄関前や門前の左右に一対を立てるようになったのは、江戸時代頃からです、
門松を立てておく期間は、一般的に7日までの松の内の間ですが、地域によって5日、10日、15日とまちまちです。
門松は、12月28日ごろ立てるのがよく、29日立てるのは苦立てといい、31日に立てるのは一夜飾りといっていずれも嫌います。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved