鏡開き

1月11日は、正月に供えた鏡餅を下ろして鏡開きをします。
鏡開きは、神霊が刃物を嫌うため、包丁を使わずに手や木槌などで鏡餅を割り、雑煮や汁粉にして食べる行事です。
昔の武家では、主君と家来たちがそろって食べ、商家では主人と従者たちと家族で一緒に食べたことで、家族や主従の親密さを深める意味があったと思われます。

当初、鏡開きは1月20日に行っていました。
しかし、江戸時代になって徳川家光の忌日が20日に当たることから、商家が行っていた蔵開きと同じ11日に変更したといわれます。
近ごろ、鏡開きの行事を見かけることは少なくなりました。
講道館をはじめ、剣道、柔道などの道場では、寒稽古を行った後に鏡餅を雑煮や汁粉にして食べる習慣が残っています。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved