若水

元旦の早朝に、最初に汲む水を若水といいます。

年神様に供えたり、平安時代の宮中では、立春の日の重要な行事でしたが、やがて元旦の行事として庶民の間に広まっていきました。

年頭に当たって若水を汲むことを若水迎えといいます。
できるだけ遠くに若水を汲みに行くほど吉とされ、水を汲む途中で他人に出会っても、話をするのは厳禁とされました。

若水は、年神様に供えたり、雑煮を作るのにも使いました。
それだけではなく、水にこだわったのには、この若水を飲むと1年の邪気を払うことができると信じられていたからです。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved