左義長

小正月の1月15日前後に行われる火祭りが、左義長です。
左義長はどんど焼き、どんど祭りとも呼ばれます。
正月に飾った門松やしめ飾りを神社や寺院の境内などに持ち寄って燃やしました。
正月飾りの後始末の行事です。
燃やすときの煙に乗って、新年に訪れた年神様が天上に帰っていくと信じられていたのです。
そのとき同時に、棒の先に餅、芋、だんごなどを刺し、焼いて食べたりします。
地域によって違いますが、門松やしめ飾りなどを燃やした火で焼いて食べると、その年は無病息災であると信じられていました。
左義長と呼ばれるかについては、平安時代の宮中の儀式で三毬杖(さぎちょう)とも呼ばれる青竹を立てて、正月の飾り物を燃やしたことに由来するという説があります。
他鳥追い行事の鷺鳥からきているなどの説もあります。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved