小正月

1月15日を小正月といいます。
15日の朝には小豆がゆを食べる習慣がありました。
古くは「土佐日記」や「枕草子」などにも、小豆がゆを食べたことが記されています。
小豆がゆを食べて、その年の豊作を祈願したということです。
小豆は、米や大豆とともに、食生活に欠かすことのできない穀物です。
小豆のような赤い色の食べ物は、体の邪気を取り払うと考えられ、めでたい日などに、赤飯として供されてきました。

ちなみに1月1日から7日を「大正月」「男の正月」と呼ぶのに対し、1月15日は「小正月」「女の正月」と呼びました。
この小正月には、左義長(どんど焼き)を始め、地方によっては、なまはげやかまくらなどの行事が行われます。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved