初詣

年の初めにお参りするとめでたさが倍加するということで、新年を迎えると各地の神社・仏閣は、初詣する人で大賑わいとなります。
大晦日の除夜の鐘を聞きながら家を出て、元旦にお参りをすませて帰るのを「二年参り」といわれていました。

昔は1年のケジメとして、一家の家長は、大晦日の夜から神社に出かけ、寝ないで新年を迎えるのが習わしでした。
そのころ、家族は主として自分たちが住んでいる地域の氏神を祀っている神社にお参りしていました。
本来は、氏神様をお参りするものです。
やがて、有名な神社に出かけたり、その年の干支によって年神様のいる方角の恵方が縁起いいということで、恵方に当たる社寺に出かけて初詣をするようになりました。
現在では、おの恵方参りの習慣もなくなり、有名社寺の明治神宮、成田山新勝寺、川崎大師、住吉大社などに出かけてお参りすることが多くなっています。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved