初日の出

年の最初に昇ってくる太陽を拝み、1年の幸運を祈るため、多くの人が、宵のうちから家を出て、見晴らしのよい場所に出かけたりしています。
かつて、初日とともに年神様(としがみさま)が現れると信じられていたことに由来します。
年神様は、新年の神様であり、正月様や歳徳神(としとくじん)ともいって、年の初めに1年の幸せをもたらすために、降臨してくると考えられていたのです。
初日の出を拝む場所はさまざまですが、特に高い山頂で迎える太陽を「ご来光」いいました。
ご来光と呼ぶのは、山頂近くに映った自分の影が、光の輪を背にした仏の像にように見えたため、仏のご来迎(ごらいごう)との語呂合わせで呼ばれるようになったといわれます。

初日の出を拝む習慣は、明治以降盛んになったといわれます。
それ以前は、年神様を迎えるために元旦は、家族で過ごし、「四方拝」といって東西南北を拝んでいました。
明治時代になると、日清戦争、日露戦争が起こり、それらの勝利を収めてからは、国家としての神道体制が強化されて、戦意高揚を太陽の昇ってくるさまを重ね合わせて、急遽初日の出を拝む習慣が高まっていきました。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved