初夢

一般的に、正月の2日の夜に見る夢を初夢といいます。
見た夢の内容次第で、その年の運勢を占うものです。
なぜ、元旦ではなく、正月2日の夜に見る夢が初夢なのかというと、昔は書き初め、稽古始め、仕事始めなど、年初めの行事が2日であったので、1年のスタートとして、2日に見る夢を重視したようです。

初夢の信仰は、もともと中国から伝わったものです。
夢を食うといわれる獏の絵を枕の下に入れて、吉夢を見ようとしたという故事にあやかって、室町時代には、縁起の良い七福神を乗せた船の絵を、枕の下に入れて寝るようにしていました。
江戸時代になると、めでたい初夢というのは1.富士、2.高、3.茄子、さらには、4.錦、5.タバコ・・・の順といわれるようになりました。
これらの初夢はいずれも駿河(いまの静岡県)の名物です。
当時、天下を取った三河国出身の徳川家康にあやかりたいという庶民の願望もあって、こうした夢を見ようとしたのです。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved