七草がゆ

正月の7日の朝に、七草がゆを食べる習慣がいまでも残っています。
七草がゆを食べるとその年1年、病気にならないといわれています。
日本では、江戸時代から一般に定着しました。
もともと中国で毎年、官吏昇進を1月7日に決めることから、その日の朝、薬草である若葉を食べて立身出世を願ったのが起源といわれています。

七草がゆは、平安時代には宮廷の儀式として食べるようになりました。
さらに江戸時代には五節供の1つである七草の節供に定められました。
現在でも、伊勢神宮では正月7日になると、内宮、外宮に若葉のかゆを作って供えるしきたりが残っています。
七草がゆが、定着した背景には、信仰的は側面ばかりでなく、正月のご馳走で疲れた胃腸を休め、冬場の栄養補給をするという、効用もあったと思われます。

七草がゆに入れる若葉・・・せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ
五節供・・・江戸幕府が定めた式日で、1月7日七草の節供、3月3日桃の節供、5月5日菖蒲の節供、7月7日七夕祭り、9月9日菊の節供


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved