おとそ

元旦に、家族が顔をそろえて新年の挨拶をすませてから、杯を回しておとそを飲む習わしがあります。

おとそは、お神酒と同じ日本酒と思われがちですが、もともとは中国の唐代から飲まれるようになった薬酒の一種で、お屠蘇と書きます。
屠蘇には、「悪鬼を屠り、死者を蘇らせる」という意味があります。

中国では、漢方薬を大晦日に井戸の中につるして、元旦になって引き上げ、酒に浸して作りました。
邪気を払い、不老長寿になれる薬酒として、新年になると年少者から順番に飲んだということです。

日本には平安時代に伝わり、宮中の元旦の儀式として取り入れられ、やがて庶民の間でも正月の朝におとそとして飲むようになりました。
現在は、本物のおとそを飲む家庭が少なくなりましたが、それでも年末には薬局などで薬酒として売られています。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved