おせち料理

おせちは、もともとは季節の変わり目の節句に年神様に供えるためのお節料理でした。
やがて大晦日の年越しの時に食べるようになり、年に何回かある節句の中でも正月が最も重要な節句ということから、正月料理に限定していうようになりました。
当初は、松の内の間食べるものでしたが、次第に正月三が日に食べるのが通例になっています。
年神様に供えるための供物料理であるとともに、家族の繁栄を願う縁起ものの家庭料理でもあります。

日持ちする材料で作ってあるので、家族が食べる他に年賀に来るお客様にも出せるようにと重箱に詰めておくのが一般的です。
重箱の中身によって区分けします。
一の重には口取り(かまぼこ・きんとん・伊達巻など)、二の重には焼き物(ブリの照り焼き、イカの松風焼きなど)、三の重には煮物(レンコン・里芋・高野豆腐など)、四の重には酢の物(紅白なます、酢レンコンなど)を入れるのが習わしです。
さらに五の重を用意するところもあります。



年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved