頭語と結語①

手紙文の頭語と結語を入れるのが一般的です。
たとえば、拝啓で始めて、敬具で締めるのが頭語と結語の組み合わせです。
拝啓は「拝=つつしんで」「啓=申し上げる」という意味です。
敬具は「敬=つつしんで」「具=申し上げました」という意味です。
手紙を出す相手が媒酌人や恩師などには、より丁寧な「謹啓」→「敬白」などで意味は、拝啓→敬具と同じですが、より一層丁寧な表現になります。

急用の手紙のときは「急啓」→「草々」などと書きます。
時候の挨拶を省略するときは頭語を「前略」「冠省」などと書き、結語は「草々」で結びます。
草々は「ぞんざいな走り書きで、失礼します」という意味です。
また、弔事の手紙には、頭語を省くのが習わしです。
結語の敬具などは使っても構いません。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved