暑中見舞い

もともと書中見舞いはお盆の贈答の習慣が略化されたものです。
かつてお盆に里帰りする際に、祖先の霊に供えるため物品を持参する風習がありました。
それが、しだいにお世話になった人全般への贈答の習慣になっていきました。
本来は直接訪問して届けるのが一般的でした。
やがて簡略化され、手紙で済ませるようになりました。
現在の暑中見舞いの形です。

暑中見舞いは、24節気の子夏(7月7日ごろ)から立秋(8月8日ごろ)にかけて贈るのが通例です。
立秋を過ぎたら残暑見舞いとします。
ちなみに、お盆の贈答の習慣は、お中元へと受け継がれていきました。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved