縁起のことわざ

厄年の福は払い落としても、落ちず
厄年は悪いことばかりではなく、福がついたときは、ずっとツキが落ちないといわれます。

南竹薮、殿隣
家の南側に竹薮があると風通しや日当たりが悪く、また隣に主人や上司の家があると、なにかにつけて気をつかうので、どちらも避けたほうがいいということです。

吉凶は人によりて、日によらず
人が成功したり、失敗したりするのは、時や日によるのではなく、その人の行いによって決まります。
たとえ凶の日であっても、きちんとした行いをしていれば心配ない、ということです。

北枕で寝かせると、病人は全快しない
死者が出たとき、遺体を北向きにして枕飾りをすることから、生きている人が北枕で寝るのは縁起が悪いという意味です。

畳の上の怪我
安全なはずの家の畳の上でも、怪我することはあるから、いかなるときでも油断してはいけないという戒めの言葉です。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved