懐妊・出産のことわざ

案ずるより産むがやすし
女性にとって出産は大仕事ですが、実際に出産がすんでみると、心配していたほどのことはなかったなど、取り越し苦労を慰める言葉です。

一姫二太郎
初めての子は女の子で、次に男の子を作るのが理想であるということです。
最初の子供は何かと手がかかるので、女の子がよいというわけです。
「こどもは女の子1人、男の子2人が理想的」ということではありません。

田のくろをまたいで田植えをすると、お産が重くなる
農家に嫁いだ嫁が、妊娠中に田植えなどすると、畦をまたぐようなときに、転倒して流産することがあるので注意が必要だということです。
「くろ」とは畦のこと。

産後の百日、柿食うな
柿を食べると体を冷やすことがあるので、出産直後はしばらく食べないほうがよいのです。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved