除夜の鐘

年末最後の大晦日は、旧年と新年の区切りの日です。
その夜を大晦(おおつごもり)除夜、年越しなどといいます。
新年の神様である年神様が来るのを、寝ないで待つ日とされていました。
かつては日没を境にしていたので、大晦日が暮れるおとともに新年となりました。
つまり、除夜の鐘は新年の行事の一部だったのです。
大晦日の夜は、神社では境内で火を焚き、夜を徹して神主が罪やケガレを清めるお払いを行います。
寺院では、午前零時を前にして、除夜の鐘をつき始め、年またぎで108回鳴らします。
除夜の鐘を108回つくのは、中国で宋の時代から始まったものです。
12ヶ月と24節気と72侯を合わせた数が108になるためといわれています。
他にも、人間が過去、現在、未来にわたって持つ108の煩悩を打ち払って、罪業の消滅を祈るためともいいます。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved