針供養

2月8日には、日ごろ女性が使っている針を供養する行事があります。
江戸時代から始まった女性のための行事です。
この日は針仕事を休んで、折れたり、曲がったりして使えなくなった針をこんにゃく、豆腐、餅などに刺して、川に流したり、近くの神社やお寺に針を持ち寄りました。
そして、針に感謝するとともに、針仕事の上達と安全を祈ったのです。

針供養は、地域によっては2月8日と12月8日の年2回行ないます。
この2日は事始めと事納めという厄日に当たるので、針仕事を休んで針の供養をするようになったということです。
最近は、針供養の行事はあまり見なくなりましたが、和裁の学校などでは、現在でも針供養をしています。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved