重陽の節句

9月9日を、重陽の節句といいます。
もともと中国の考え方で、九という陽数(奇数)が重なることから重陽と呼び、めでたい日とされてきました。
始まり、六朝時代の桓景(かんけい)という人物にまつわる故事にちなんでいます。
「この日に高い所に登り、菊酒を飲めば、災いが避けられる」として、9月9日になると酒肴や茶菓などを持って。小高い山に登り、紅葉を眺めながら1日を楽しみ、邪気を払ったということです。
古来、中国では菊の花は不老長寿に結びつくと信じられ、9月9日はとくに菊の花を浮かべた菊酒を飲むのが習わしとなっています。

日本には、飛鳥時代に伝わって宮廷の行事として菊花宴が開かれるようになり、平安時代には、重陽節として正式な儀式となりました。
江戸時代になると重陽の節供は五節供の1つ菊の節供として、民間にも広まっていきました。
明治時代以降、この風習は少しずつ薄れていきますが、いまでもこの日に、菊にちなんで菊の品評会が開かれています。


年中行事のしきたり・マナー

正月行事のしきたり・マナー

結婚のしきたり・マナー

妊娠・出産のしきたり・マナー

祝い事のしきたり・マナー

贈答のしきたり・マナー

手紙のしきたり・マナー

葬式のしきたり・マナー

縁起のしきたり・マナー

年中行事・しきたりに関することわざ

相互リンク

Copyright © 2007 年中行事のしきたり・マナー. All rights reserved